盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会 > 【イベント情報】
   

9月21日
小泉内閣の暴走を許さない!市民と国会議員の緊急院内集会
特別国会冒頭の院内集会へ!
自衛隊即時撤退、憲法改悪反対、教育基本法改悪反対、共謀罪反対!


  9月21日(水)16:30〜

■衆議院第二議員会館第一会議室


■呼びかけ

平和を実現するキリスト者ネット
戦争反対・有事をつくるな!市民緊急行動
平和を作り出す宗教者ネット

■問いあわせ先

許すな!憲法改悪・市民連絡会

tel 03-3221-4668

 総選挙の結果を受けて21日から「特別国会」が始まります。
  小泉首相と与党はこの国会で郵政民営化法案を強行しようとしておりますが、一方で10月一杯で期限が切れる自衛隊のインド洋派遣部隊の撤退問題や、12月14日で期限切れになるイラク派遣部隊の撤退問題については、米国のブッシュ政権の要求に従ってズルズルと期間延長をしてしまおうとしています。
  ブッシュ政権によるイラク攻撃と占領の口実の全てが崩れ去ったことはすでに明白です。イラクの情勢はひきつづき緊迫しています。
日本政府はこれ以上、イラク占領に加担すべきではなく、自衛隊を即刻引き上げるべきです。
  また与党はすでに設置期限切れになった「憲法調査会」を改憲のための常設委員会にしようと、国会法の一部改定案を国会に提出する構えです。まずここを憲法改悪のための国民投票法案を審議する場にしようというのです。
  さらに小泉内閣はさきの162国会で成立させることのできなかった教育基本法の改悪や共謀罪など、さまざまな悪法も議席の多数を使って強行する構えです。民主主義を圧殺するような風潮の蔓延を許すことはできません。今こそ、こうした危険なうごきを押しとどめるための行動が切に求められています。
  わたしたちは特別国会の冒頭にあたり、小泉内閣に市民の声をぶつけるための緊急院内集会を開催します。
  みなさんのご参加を呼びかけます。