盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会 >共謀罪とはなにか? どうして反対するのか> 【イベント報告集】
   

共謀罪の新設に反対する市民と議員の集いに80名参加

2005年10月27日

 

定員65名の衆議院第二議員会館第二会議室は満杯となりました。参加者数は約80名です。
共謀罪反対運動は、確実に広がりをみせています。

この日の院内集会には、松岡徹議員(民主党)、井上哲議員(共産党)、福島瑞穂、保坂展人議員(社民党)の4名の国会議員が参加し、力強く共謀罪の反対を訴えました。
市民団体からはの発言は、許すな!憲法改悪・市民連絡会、移住労働者と連帯する全国ネットワーク、反差別国際運動日本委員会、「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク、日本国民救援会の各団体から。さらに、海渡雄一弁護士から発言を受けました。

今国会での共謀罪不成立は確定、衆議院法務委員会での採決は無理というなかで、次の通常国会まで共謀罪に反対する運動をどう広げるかが勝負になってきました。
更に共謀罪新設反対の声を広げ、共謀罪を廃案に追い込みましょう。

 

 


集会に参加された国会議員の方の発言
(順不同)
 
それぞれmp3形式のサウンドデータです。
mp3再生をクリックすると関連づけされた再生ソフトが起動するはずです。
 
  • 第163回特別国会衆議院法務委員会での審議の過程であきらかになった共謀罪の問題点について、それぞれの議員の発言から、さらに理解を深めることができます。

福島瑞穂参議院議員 福島瑞穂参議院議員の発言を聞く mp3再生(mp3 : 5.55MB)
松岡徹参議院議員 松岡徹参議院議員の発言を聞く mp3再生(mp3 : 4.84MB)
保坂展人衆議院議員 保坂展人衆議院議員の発言を聞く mp3再生(mp3 : 5.95MB)
井上哲参議院議員 井上哲参議院議員の発言を聞く mp3再生(mp3 : 3.32MB)