盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会 >共謀罪とはなにか? どうして反対するのか> 【イベント報告集】
   

話し合うことが罪になる共謀罪はいりません 銀座デモ

2005年10月24日

 

10月24日、「共謀罪はいりません銀座デモ」を行いました。
参加者は約100人。共謀罪今国会不成立というマスコミ報道で、反対運動に一種の「安ど感」のようなものが流れる中で、これだけの方々が集まったことは、大きな成果といえるでしょう。
また、国会議員からは共産党・井上哲士参議院議員、社民党・福島瑞穂参議院議員が、日の質問の準備をしなければならないという超多忙ななかをかけつけてくれました。
デモは日比谷公園霞門に集合、西幸門まで園内を移動するという異例の形で出発しました。虎ノ門、新橋駅前を通り、外堀通りを通って数寄屋橋交差点を経由して銀座を突き抜け、水谷橋公園で解散というコースでした。
面白かったのは、沿道のお店や居酒屋から人が飛びだしてきて、隊列を眺めていたこと。「話し合うことが罪になる」という私たちのメッセージに、まさに"共謀中"だった人たちがビックリしたのでしょうか。給料日前の月曜日ということで、いつもより人出は少な目でしたが、チラシの受け取りはあり得ないほどよく、たった3人・1時間の間に500枚近くがさばけてしまいました。この問題に対する世間の関心もだいぶ高まっているということなのでしょう。

 

 
写真提供 小谷洋之さん